最大の情操教育

子どもの好奇心というのは、「なぜだろう?」と疑問に思うところから「もっと知りたい」という探究心が生まれることで自発的な学習へつながる知的活動の元ともなる大事な感情なのです。
子どもの好奇心の対象となるものはさまざまですが、その中でも動物とのふれあいは唯一「生命」を感じることができるという点では他と一線を画しているといえるでしょう。

親子で動物にふれあえる身近な場所として思いつくのは動物園ですね。子どもはオリを隔てて見る動物から大きさや匂いを感じ、動物によって鳴き声が違うことも知ります。
そこから「キリンの首はどうして長いんだろう?」「ゾウの鼻はなぜ長いんだろう?」という疑問が湧いてきますが、
これは一緒に行ったパパやママが「キリンさんの首は長いね」とか「ゾウさんのお鼻は長いね」と声かけをしていることも大きく関係しているのです。
「どうしてだと思う?」と子どもに問いかけをすることで、子どもは頭の中でいろんなことを考えて言葉にして伝えます。
思わず笑ってしまう回答があるかもしれませんが自由な発想は子どもの特権です。
あえて正解にこだわらず、子どもの想像力をさらに広げることは男性の方が向いているとも言えるでしょう。

動物と直接ふれあってみよう

動物園の中には、動物を直接触ったり抱いたり本当の意味でふれあいが出来るコーナーを設置しているところもあります。
多くの動物園で見かけるのは、うさぎやモルモットなどの小動物を抱いたりすることができるというものです。
抱くことで、その大きさや重さ、匂いや温もりを直に感じることができます。
ここでパパやママが「落とさないように気をつけようね」「優しくね」と声かけをしながら抱かせることで子どもの中に
「落とさないように気をつけよう」とか「優しく抱こう」といった感情が生まれてくるのです。

他にも、ポニーや子やぎなどにエサをあげる体験ができる動物園もありますが、気をつけなくてはいけないのが嫌がっている子どもに「せっかく来たのだから」と無理強いをしないことです。
子どもが何かに苦手意識を持つ原因は意外と単純なことだったります。
例えば、見た目が好きじゃなかったり、色が好きじゃなかったり、においが嫌いという子どもも多くいます。動物を触るのは怖いけど見るのは好きという子どももいますよね。
でも、いずれ何かのきっかけで平気になることも実際多くあります。特に幼少期の恐怖心などは後々まで残ることも多いので注意が必要です。

また、小動物なら平気といっても元々は野生動物ですので何かの拍子に暴れたりすることも十分考えられます。
それをきっかけに恐怖心が芽生えてしまって動物嫌いになるケースもありますので、ふれあいコーナーを子どもと利用する時には、子どものそばを離れないようにしましょう。

赤ちゃんが苦しんでいます

大人でもたばこが及ぼす深刻な害で苦しんでいる人は多いですが、これは大人に限らず赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまう危険性がありますので注意しなければいけません。
たばこには様々な有害物質が含まれていて、それらの身体に良くない物質が赤ちゃんを苦しめてしまうのです。
両親が禁煙をすることが赤ちゃんへの最高のプレゼントだということを理解することが重要になります。

たばこの影響

赤ちゃんが副流煙を吸ってしまうとニコチンや一酸化炭素の影響で様々な悪影響が出てしまいます。
赤ちゃんのうちからたばこの煙を吸い続けると喘息になってしまう可能性が2倍から5倍になってしまう可能性があり、さらに一度喘息になってしまったら治りにくくなったり、症状が重症になってしまう危険性があります。

また小さい頃から継続的にたばこの煙を吸い続けると大人になってから肺がんになる可能性が高くなるという研究結果も出ているので、呼吸器系の病気になる確率が高くなってしまいます。
このような病気から子供の命を守るためには親が禁煙するしか方法がありません。

乳幼児突然死症候群とたばこの関係

最近注目されている赤ちゃんの病気に乳幼児突然死症候群という病気があります。
この病気は一見すると健康に見える赤ちゃんが何の予兆もないままに突然死をしてしまう病気で、2000年以降に急激に発症してしまう乳児が増えて問題視されている病気です。

見た目は本当に元気な赤ちゃんが突然呼吸停止をしてしまい死亡してしまうという恐ろしい病気ですが、乳幼児突然死症候群とたばこは密接な関わりがあると言われています。
乳幼児突然死症候群の半数以上が妊婦時代の喫煙だったり、周囲が喫煙をしていると急激に発症する確率が高くなってしまいます。

なぜ妊婦が喫煙をすると赤ちゃんへ悪影響を及ぼしてしまうのかというと、一酸化炭素やニコチン、発癌性の物質などが胎盤を通じて赤ちゃんにどんどん蓄積してしまって赤ちゃんがどんどん弱っていってしまいます。
そのような状況の中で生まれてきてさらに副流煙を吸ってしまうと様々な悪影響を及ぼしてしまって乳幼児突然死症候群になってしまう確率が高くなります。

子供のためにも禁煙をする

本当に子供のためを思っているのであればすぐに禁煙をするようにしましょう。
禁煙をすることが元気で健やかな子供を育てるための第一歩と言っても過言ではありません。
最近では子供のことを考えて禁煙する方も多くいますが、まだまだ小さいお子さんが居る、もしくは妊娠させてる喫煙者の方は多くいらっしゃいます。

親が喫煙をするとその煙が悪影響を及ぼすとしっかり理解をしてあげることで、子供が病気にならないためにも禁煙をすることができます。
本当に幸せな家庭を築きたいと思ったら今すぐに禁煙をして、幸せな家庭を築いていきましょう。

様々な飲料水を販売している会社です

サントリーは様々な飲料水を中心として製造や販売をしている会社で、グリープ会社がたくさんあるので、サントリーホールディングス株式会社としてグループ会社を統括しています。
サントリーはジュースや水などの清涼飲料水からビール、ウイスキー、洋酒など幅広く手がけている会社で、販売しているドリンクの多くのアルコール飲料となっています。

これらの洋酒、ウイスキー、ビール、清涼飲料水の製造をしている工場を見学できるとあって子供から大人まで大人気の企業として注目されています。

全国の工場を見学できます

サントリーでは全国の様々な工場を見学できますので、自分が住んでいる近くにある工場へ見学しに行っても良いですし、ピンポイントで見てみたい工場へ見学しに行くのも良いかもしれません。
サントリーの見学できる工場は全国に9箇所もあり、それぞれの工場見学で様々な発見がありますので、家族で行きたい工場はどの工場かをしっかり見極めてからサントリーの工場見学に行くようにしましょう。

またアルコール飲料を作っている工場が多いですが、大人だけではなくて子供でもアルコール飲料を作っている工場を見学しながらしっかり勉強をすることができるところもサントリーの素晴らしい点の1つになります。

ビール工場

サントリーのビール工場は全国に3箇所ありビール工場見学に行く場合は東京にある武蔵野ビール工場、京都にある京都ビール工場、熊本にある九州熊本工場の3つの工場の中から行きたい工場を選んで予約をするようにしましょう。
様々なプレゼントも用意されているので子供でも楽しめる工場見学となっています。

ワイン工場とウイスキー工場

NHKのドラマでウイスキーが取り上げられたこともあって今サントリーのウイスキー工場の見学が人気となっていて、全国には大阪の山崎蒸留所と山梨の白州蒸留所の2箇所の工場で見学をすることができます。
またサントリーのワインも美味しいと評判が良くて山梨県にあるワイナリーでワインの作り方を見学することができます。
ワイナリーは季節によって見学が出来ない時期があるので問い合わせが必要です。

天然水工場

美味しいミネラルウォーターとして人気が高いサントリーの天然水は全国の3つの工場で作られています。
天然水の製造を見学できる工場が山梨県にあるサントリー天然水 南アルプス白州工場、熊本県にある九州熊本工場、鳥取県にあるサントリー天然水奥大山ブナの森工場でミネラルウォーターの製造過程を見学することができます。

このように全国に様々な工場があって、多くの工場を見学できる懐の深さを感じるサントリーの工場見学は今すぐにでも家族で行ってみることをおすすめします。

美味しいお菓子をたくさん作っている会社です

カルビーは、誰でも知っている美味しいお菓子をたくさん世に送り出している製菓会社です。
ポテトチップスやじゃがりこ、かっぱえびせんなど、子供から大人まで愛されているヒット商品を作り続けており、親子でカルビーのお菓子を楽しんでいるという方もいらっしゃるでしょう。
特にじゃがいもを使った商品に強みを持っていて、昔から現在までロングセラーの商品も愛され続けています。

これらの商品を製造している工場は全国にありますが、この工場を見学することができるので、子供から大人までカルビーのお菓子好きにはたまらない工場見学となっていますので、ポテトチップスやじゃがりこ、かっぱえびせんなどのカルビー商品が大好きな人には是非行って欲しい工場見学です。

見学できる工場は全国に3箇所

カルビー商品を作っている工場の中で工場見学ができる工場が全国に3箇所あります。
それぞれの工場で製造しているお菓子も違いますし、工場の特徴も違いますので、どの工場に行くか迷ってしまうかもしれません。

ポテトチップスを作っている千歳工場

カルビー商品の中でも昔から根強い人気があるロングセラー商品がポテトチップスですが、製造している工場が北海道にある千歳工場です。
地元で獲れたじゃがいもを使ってそのまま北海道の工場で主力商品を製造する過程を見学することができます。

千歳工場の申し込み人数は2名から30名のグループで小学生以上対象となっています。
見学できる日は祝日を除く平日の9:30から、11:00から、13:30~からの3回の見学時間を設けています。

シリアル、その他スナックを製造している清原工場

ポテトチップスは北海道の千歳工場で製造していますが、その他のシリアルやスナックは栃木県の宇都宮にある清原工場で製造していて、この工場も見学することができます。
清原工場の申し込み人数は2名以上のグループが条件になっていて小学生以上が対象となっています。

工場見学できる日は千歳工場と異なっていて、月曜日から木曜日の9時30分から15時まで見学することができます。
清原工場が休みの場合は工場見学も出来ないので、お盆や年末年始は見学できない可能性が高いので、あらかじめ問い合わせをするようにしましょう。

スナック製造専門の広島工場

広島にもカルビーの工場がありますが、この工場はスナック専門の工場です。
広島工場の申し込み人数は小学生以上で2名から45名で受け付けを行っています。

広島工場の見学時間は午前中が10:00から11:30、午後が13:30から15:00の2回の見学となっています。
広島工場が休みの場合は工場見学も出来ないのですし、お盆や年末年始も見学できない可能性が高いので問い合わせをするようにしましょう。

様々な乳製品を作っている会社です

雪印は現在雪印メグミルクの子会社として様々な乳製品を製造販売している会社です。
昔から飲まれている牛乳やヨーグルトやチーズなどを販売しています。
現在でも製造工場は全国にあり、それらの工場では工場見学をすることができます。

全国にある工場

雪印の工場は全国にある工場で商品を製造しているので、どこに住んでいても近くの工場を見学できるメリットがあります。
工場は北海道に3箇所あり、一番南で兵庫県の神戸に工場があります。

関東にも千葉県と神奈川県にありますし、宮城県にも関連会社の工場を見学することができますので、牛乳やその他の乳製品のことをもっと知って子供の頃から身近に感じることができる会社です。

北海道の歴史館

北海道には工場のほかにも雪印の歴史館があります。
この歴史館は昭和52年の9月に落成して30年以上の歴史があります。

ここでは雪印の歴史を物語る様々な重要な文献や雪印を語る上で重要な資料の収集をして展示しています。
雪印に限らず酪農や乳業に係る様々な歴史や知識を知ることが出来る資料館となっています。

関東の工場も人気です

雪印というと北海道というイメージを抱いている人も多いですが、関東にも千葉県野田市にある野田工場と神奈川県の海老名市にある海老名工場も関東に住んでいる子供たちに人気の工場となっています。
海老名工場は圏央道海老名インターチェンジの目の前で交通アクセスに優れているところも魅力的ですし、雪印の牛乳を製造している最大規模の工場として、牛乳ができるまでを子供たちが見学することができます。

同じく関東にある千葉県の野田工場でも牛乳を製造していて、誰もが知っている毎日飲まれているメグミルク牛乳を製造している過程を見学することができます。
野田工場の特徴としてとても大きな工場の建物に牛乳以外にも様々な商品が製造されていて、ジュースやコーヒーや飲むヨーグルトなどが製造されています。
牛乳が好きな子供にとても人気ですし、牛乳以外の雪印商品をたくさん製造している特徴があります。

近郊の酪農家と提携している神戸工場

1964年に操業を開始した歴史ある神戸工場は関西にある工場の中でも最大規模の工場となっています。
この工場の特徴として工場近郊の酪農家と提携していて、そこから原料乳が送られてきて製造している過程を見学することができます。

神戸工場で造られている製品は主に雪印メグミルク牛乳が主な製品として製造しています。
雪印は北海道や関東に多くの工場がありますが、関西にも神戸工場の他にも京都工場、中部地方には愛知県豊川市にある豊橋工場を見学することができます。
中部地方や関西地方に住んでいる方はこれらの工場を見学するようにしましょう。

ビール事業の草分け的企業

キリンビールは1870年に創業した日本で初めて大衆向けにビールを販売した企業として知られています。
国内のビール企業としてアサヒビールと熾烈な首位争いをしていますが、2009年に出荷量で首位になりました。

様々な種類の商品がありその種類は業界一と言われていて、それらの商品は全国にある様々な工場で製造されています。
それらのキリンビールの工場では子供から大人まで工場見学できるようになっています。

全国各地にあるビール工場

キリンビールの工場は北は北海道から南は福岡まで工場がありますので、全国どこに住んでいても近くのエリアにある工場へ見学に行くことができます。
それぞれの工場で製造しているお酒は異なりますが、どのように飲料水が製造されているのかを知るには、どの工場もとても見学のしがいがあるでしょう。

北海道・東北エリア

北海道・東北エリアには北海道千歳工場と仙台工場の2箇所があります。
千歳工場は北海道らしい自然豊かなビール工場となっています。
この工場では、主力商品となっている一番搾りの製造過程を見ることが可能です。

仙台工場は併設しているレストランで食事ができる工場になります。
子供でもランチもディナーを楽しむことができます。
ここでは一番搾りの製造過程を見学できます。

関東エリア

関東エリアには取手工場と横浜工場があります。
取手工場には2007年まで使用していた銅釜を見学することができます。

横浜工場では一番搾りの製造工程を見学できます。
見学した後は併設のレストランで食事をすることができます。

東海・中部エリア

東海・中部エリアには名古屋工場、神戸工場、滋賀工場、の3つの工場があります。
名古屋工場ではワイドスクリーンなど4つの特殊映像で製造工程の様子を知ることができます。

神戸工場では原料に触れたりすることもできますし、五感をフルに活用して見学することができます。
滋賀工場では立体映像やCGを使いながら一番搾りの製造過程を見学することができます。

関西エリア

関西エリアには岡山工場があります。
この工場はとても広い敷地内にあり甲子園球場9個分の施設内では、キリン一番搾りの生ビールのこだわりの製法やうまさの秘密を、たっぷり体感することができるのが魅力です。

敷地が広いので岡山工場を移動する場合はバスで移動することになります。

九州エリア

九州エリアには福岡工場があります。
一番搾りができるまでを見学することができますし、見学が終わった後には自然の景色に囲まれたレストランで地元の食材を使った料理を堪能することもできます。

このように全国にある様々な工場全てでビールの製造工程を見学することができるのもキリンビールならではとなっています。